根強いペーパー書籍の人気

Hot Ranking
根強いペーパー書籍の人気

儒学の書籍についてのこと

儒学というものは、日本にもかなり浸透しているものです。ですから、一度くらいは儒学の書籍を読んだことがあるものです。例えば、論語とかは今でも教育の一環として使われているものです。基本的には政治哲学であり、修身の話なのですが、どうしても宗教である、と認識されていることがあります。それは間違いですから、よくよく理解しておく必要があります。昔はそれが教養の一つだったのですが、今ではそんなことがなくなっています。あくまで趣味の領域です。

それでも日本的な価値観に影響を与えたものではありますから、読んでみる価値はあります。ちなみに書籍はかなり安く購入することが出来るようになっています。古本で買うこともできますし、新品でもそこまで高いものではないのです。しかし、注意するべきは訳の内容です。あくまで中国の本ですから、訳本を読むのが基本になります。ですから、多少、懇意的に訳がなされていることがあります。覚えておくことです。


Copyright(c) 2017 根強いペーパー書籍の人気 All Rights Reserved.