根強いペーパー書籍の人気

Hot Ranking
根強いペーパー書籍の人気

書籍というものはとても大事

どのくらいの書籍を後世に残すことができたか、ということによって、近代化されるときにかなり国力が変わってくることがあります。もちろん、あまりにもその知識に固執することは避けたほうが良いです。最大の失敗は中国です。清王朝のときに儒学に固執しすぎたので、近代化が遅れた、という事例があります。日本もかなり固執したほうなのですが、それでもどうにか近代化できたのです。但し、読み書きができる、ということは学力に影響しています。

近代化するときに確実に基礎学力というものが必要になります。それは読み書き算盤、ということです。これが最低限、出来ないとまったく話にならないのです。それはよくよく理解しておく必要があります。書籍というものは、知識の塊のようなものです。ですから、出来るだけ後世に多くの書籍を残すことがとても大事な役割なのです。それができないところは発展しないのです。国力に途轍もなく影響することなのです。


Copyright(c) 2017 根強いペーパー書籍の人気 All Rights Reserved.